カタカタ ボックス
ボルネオの生きもの

私が観察したボルネオの鳥類を紹介しています。
鳥類 (ハト、サトウチョウ、バンケンモドキ、フクロウ、ガマグチヨタカの仲間)
ハト目
ハト科 (Columbidae科) 
Little Green-Pigeon
チビアオバト

Treron olax
全長:22cm

撮影:タビン。
早朝や夕方に10羽くらいで動いているのをよく見ました。早朝にマッドボルケノに集団で塩を舐めに来ていました。オスは胸元のオレンジ色と翼と背中の濃いワインレッドが印象的でした。
Green Imperial-Pigeon
ミカドバト

Ducula aenea
全長:45cm

撮影:タビン。
早朝や夕方、数羽で飛んでいるのをよく見ました。マッドボルケノに早朝、集団で塩を舐めに来ていました。
オウム目
インコ科 (Psittadidae科) 
Blue-crowned Hanging-Parrot
サトウチョウ
Loriculuc galgulus
全長:12cm

撮影:スカウ。
オスは頭のてっぺんに青い部分があります。写真は飼育されていたものです。餌はご飯粒でした(ひどい!)。通常、花や葉の芽、果実、花などを食べている鳥です。タビンではアブラヤシの実を食べていました。
通常、「キリリ、キリリ」ととても甲高い声で鳴きながらすごいスピードで上空を横切ってしまうので、なかなかちゃんと見ることができません。
カッコウ目
カッコウ科 (Cuculidae科) 
Raffles's Malkoha
クリイロバンケンモドキ

Phaenicophaeus chlorophaeus
全長:30cm

撮影:ダナムバレー。
バンケンモドキの仲間は枝から枝を縫うように移動するのでなかなか全身は観察できません。写真はオスで、メスは頭から胸にかけてがグレーです。いつも2羽くらいで動いていました。
Chestnut-breasted Malkoha
チャムネバンケンモドキ

Phaenicophaeus curvirostris
全長:49cm

撮影:ダナムバレー。
やはり枝と葉の間を縫うように動くので、なかなか全身が確認できませんでした。
フクロウ目
フクロウ科 (Strigidae科) 
Barred Eagle-Owl
マレーワシミミズク

Bubo sumatranus
全長:45cm

撮影:タビン。
ナイトドライブの時に林縁の木で確認しました。車道沿いの草むらに居るネズミなどの小動物を狙って来たのだと思います。
Buffy Fish-Owl
マレーウオミミズク

Ketupa ketupu
全長:45cm

撮影:タビン。
ナイトドライブの時に林縁の木で確認しました。車道沿いの草むらに居るネズミなどの小動物を狙って来たのだと思います。ダナムバレーでもスペシャルナイトドライブで伐採道路沿いの木に居るのを確認しました。
Brown Wood-Owl
オオフクロウ

Strix leptogrammica
全長:47cm

撮影:ダナムバレー。
ナイトドライブでロッジ近くで確認しました。
オーストラリアガマグチヨタカ科 (Podargidae科) 
  Gould's Frogmouth
ウロコガマグチヨタカ

Batrachostomus stellatus
全長:25cm

撮影:ダナムバレー。
ナイトドライブで道沿いの木に居ました。ガイドさんがこの種だと言ったんですが、よくわかりません。
Google
見たい生きものの名前や属名などを入力してGoogleに飛んだ後、
「イメージ」をクリックすると画像が参照できます。試しにこのまま飛んでみてください。


ひとつ戻る  TOPへ戻る