カタカタ ボックス
ボルネオの生きもの

私が観察したボルネオの鳥類を紹介しています。
鳥類 (キツツキ、ヒロハシの仲間)
キツツキ目
キツツキ科 (Picidae科) 
Buff-rumped Woodpecker
ヒメカレハゲラ

Meiglyptes tristis
全長:15cm

撮影:タビン。
小さなキツツキです。頭に冠羽がありオスは頬に赤色が入ってます。タビンのロッジ前の並木内で確認しました。二羽で行動してました。

タビンの並木道周りはいろいろな鳥が結構低い位置で確認できるので、鳥見にとてもよいです。
Great Slaty Woodpecker
ボウシゲラ

Mulleripicus pulverulentus
全長:50cm

撮影:タビン。
マッドボルケノ近くのメンガリスの木のかなり上の方に来ました(40mくらい)。2003年と2004年の2度、同じ木、同じ時間帯(日暮れ前)で目撃しています。2羽居ました。
首が細く長い独特のシルエットをしています。体はグレー、ノドが黄色、オスは頬に赤色が入っています。
Grey-capped Woodpecker
セグロコゲラ

Dendrocopus canicapillus
全長:15cm

撮影:タビン。
ヒメカレハゲラと同じようにロッジの並木道で確認しました。複数居ました。目の上から首まで、それから頬に白い模様があります。背中には白い横縞があります。
スズメ目
ヒロハシ科 (Eurylaimidae科) 
Black-and red Broadbill
クロアカヒロハシ

Cymbirhynchus macrorhynchos
全長:23cm

撮影:ダナムバレー。
背中をこちらに向けて止まっています。すいません、配色だけわかってください。背面はクロで翼に白い部分があります。ノドから腹側にかけての体は濃い赤色でノドに黒い帯があります。
Black-and yellow broadbill
クビワヒロハシ

Eurylaimus ochromalus
全長:15cm

撮影:ダナムバレー。
タビンの並木道でもよく見かけました。小柄な鳥でだいたい2羽で行動していました。独特の鳴き声「ヒョーヒョーヒョーヒョー、ヒョヒョヒョヒョヒョ・・・・」とゆっくり始まってだんだんテンポがよくなる鳴き方をします。一度覚えたら忘れません。
 

Green Broadbill
ミドリヒロハシ

Calyptomena viridis
全長:18cm

撮影:ダナムバレー。
下の写真のイチジクを食べに来ていました。この鳥が一口で丸飲みにできるくらいの大きさです。やっぱり実がある木をチェックしておくことは重要ですよ!
Green Vine Snakeと同じように蛍光を帯びた、もうまとう空気が違うような存在感でした。きれいでした。
Whitehead's Broadbill
オオミドリヒロハシ

Calyptomena whiteheadi
全長:25cm

確認:キナバル山。
キナバル山に行くならぜひ、3種の「Whitehead's」を見なきゃと言われていて、この1種だけ見ることができました。ビジターセンターから300mくらい登山道路を上がったイチジクの木に毎日、早朝と夕暮れ時に実を食べに来ていました。「ギギギギギ、ギギギギギ」と結構うるさく鳴いていて、近くに来るとすぐにわかりました。モズというかアリスイというか、なんかそういった感じの声です。2羽とか3羽で動いていました。警戒心が強くこちらに気づくとすぐに行ってしまいました。ミドリヒロハシより大きく、ノド元が黒いのがはっきり見えました。
Google
見たい生きものの名前や属名などを入力してGoogleに飛んだ後、
「イメージ」をクリックすると画像が参照できます。試しにこのまま飛んでみてください。


ひとつ戻る  TOPへ戻る