カタカタ ボックス
ボルネオへ行こう!

こちらではボルネオのマレーシア領、サバ州のフィールドについてご案内します。

場 所 概 要
ダナムバレー
自然保護区
(Danum Valley Conservation Area)
ラハ・ダトゥから車で3時間ほどの山の中に有ります。未舗装の伐採用道路を延々と走った先に、素晴らしい原始林が有ります。私はBorneo Rainforest Lodgeにしか宿泊したことがありませんが、トレイルが整備され、ガイドもしっかりしているので、たくさんの生きもの、特に哺乳類と鳥類はしっかり見られると思います。ただし、宿泊料金はべらぼうに高いです。ちゃんと生きものを観察するつもりなら、プライベートガイドを予め手配して行くことをお勧めします。
タビン野生保護区
(Tabin Wildlife Reserve)
ラハ・ダトゥの空港から車で1時間半程のところにある広大な野生保護区です。ロッジのある場所は低地の二次林で、広大なアブラヤシ・プランテーションが隣にあり、境目でたくさんの鳥や哺乳類が観察できます。原始林はコアエリアに有り、スマトラサイも生息しているらしいですが、現在は車で入ることはできず、片道20kmはあるのでまず訪れるのは無理な状態です。
        タビンのフィールド案内
        Tabin Wildlife Reserveのサイト
キナバル山国立公園
(Mt.Kinabalu)
標高5000mの山ですが、比較的登山が簡単なので、多くの人が訪れています。私は1500m付近にある、管理事務所の周辺のトレイルを使って鳥を見て回りました。結構寒いので防寒対策が必要です。
ポーリン温泉
(Poring Hot Spring)
低地で見られる生きものの他に、キナバル山で見られる生きものも少し見ることができます。バタフライファームで蝶や昆虫の標本が見られます。キャノピーウォークという、地上30mに渡したつり橋があり、そこを歩くことで樹冠の生きものにある程度近づくことができます。
スカウ
キナバタンガン川

(Sukau village Kinabatangan river)
リバー・クルーズで生きものを観察するとおもしろいです。テングザルは確実に見られると思います。その他、川辺で鳥や爬虫類が結構見られるので、楽しいです。
ゴマントン洞窟
(Gomantong Cave)
アマツバメの巣がたくさんあって、それを採取するための村があります(中華料理でお馴染みのツバメの巣です)。広大な洞窟にはコウモリがたくさん住んでいるので、夕暮れ時の飛び立ちは壮観です。コウモリを食べにくるコウモリダカが見られます。
セピロック
オランウータンセンター
(Sepilok Orang Utan Rehabilitation Centere)
確実にオランウータンが見たければ、ここを訪ねるとよいです。整備されたトレイルと、よい森があるので、鳥を見るのにも都合がよいです。カニクイザルやブタオザルも見られます。

Google
検索にご利用ください。


海外で生きもの観察へ戻る  TOPへ戻る