カタカタ ボックス
生きもの観察紀行

7月29日 (7日目) (2004年 7月 ボルネオ島) タビン

起きて目覚ましを止めて目をつむったら・・・、7時過ぎ、寝過ごしてしまいました。
夜半は雨が降らなかったけど空模様は曇っていて雨が降りそうでした。朝食までにはちょっと時間があったので、木道を歩いてみる事にしました。
シラガシキチョウやキムネハナドリモドキを見ていたら、ボルネオコビトリスが現れました。ちょこちょこ、ちょこちょこ、と動いては止まり、と小刻みな動きがユーモラスな小さなリスです。



朝食後は事務所に行き、調査を見学。この日は林内の調査地点以外にリパ洞への道にも網を設置して捕獲を行いました。そのため、たくさんの鳥を見ることができました。

マレーミツユビゲラ、エリゲヒヨドリ、コアカメチャイロヒヨ、カザリオウチュウ、ズグロジチメドリ、ズアカチャイロチメドリ、ズグロチャイロチメドリ、ズアカサイホウチョウ、クロアゴヒメアオヒタキ、コクモカリドリ、ホオアカコバシタイヨウチョウ、キゴシタイヨウチョウ、オレンジハナドリです。

エリゲヒヨドリ コアカメチャイロヒヨ


ズアカチャイロチメドリ ズグロチャイロチメドリ(ペア)


ズアカサイホウチョウ オレンジハナドリ(オス)


他にコイヌガオフルーツコウモリとホースフィールドフルーツコウモリも朝、網にかかったのを見ることができました。

ホースフィールドフルーツコウモリ

これも小ぶりのフルーツコウモリです。
いつの間にか出産していてびっくりしました。
子供をお腹につけたまま飛びます。


この日は定期的に網を見に行っては戻り、計測、など一日事務所と網の往復で過ごしました。


夜はタビンの最後の夜ということで田仲さんと遅くまでバードウォッチングの話などいろいろ話して過ごしました。

7月28日 (6日目) へ 7月30日 (8日目) へ

2004年7月「ボルネオ (タビン&キナバル山)」編 インデックスへ


生きもの観察紀行へ戻る TOPへ戻る