カタカタ ボックス


カレイの肛門はどこだ? (2007/6/12)
先日、スーパーの魚売り場の前を歩いていたら、「目高ガレイ」が1匹売れ残っていました。メダカガレイ? 聞いたことないなー、と俄然、興味が出てきてしまって、とうとう買って帰ってしまいました。
しかし、私は煮魚なんぞやった事が無い。ということで、ネットで料理法を調べていざ、取り掛かりました。
ですが、普通の魚ならさばいた事がありますが、カレイをさばいた事なぞありません。ネットに書いてあった通り、「腹に包丁を入れて内臓を出す」をやろうと思って困惑しました。

肛門はどこだ?

私は魚をさばく時、頭を左手に肛門を目印にして腹に包丁を入れますが、えーと、肛門が見当たらない。しょうがないので手でさぐりまくって頭のすぐ下側に内臓がコンパクトに、ほんとにコンパクトに収まっているのを見つけ、適当に包丁を入れて無事に内臓を取り出しました。

んで、レシピどおりに無事、カレイの煮付けを完成させたわけなんですが、そこでふと気づきました。

で、肛門はどこだったのさ?



ということで、リベーンジ! 本日、またまた目高ガレイを買って来ました。さあ、やるぞー!!!
ちなみに、基本的に私は解剖はハサミでやります。今回、解剖バサミがなんか切れなかったんで、途中から眉毛切りのハサミを使っちゃいました。ちゃんと前にも後にも洗ったよ(笑)。



写真はクリックすると大きくなります。じっくり見たい人はどうぞ。


目高ガレイです。

メイタガレイのことです。目と目の間にトゲがあって痛いのです。
メイタガレイカレイ目カレイ科メイタガレイ属

普通の魚は頭を左に置くのが作法ですが、カレイでそれをやると内蔵が上になっちゃいます。
つーことで、カレイの場合は右向きが正しい置き方だそうです。

トゲです。痛いです。

カレイなので口がいびつ。

裏返し。

内臓が手前に来るように置いたので左向きになりました。

さあ、肛門はどこだ?

ハイ、肛門でございます。

そうか、こんなに前にあったのか・・・。

この小さいのって腹鰭だよね。

表から見るとこの位置。
ハサミの先で指し示してます。

いやー、大分、前なんだね。
こっからウンコが出て来るわけです。




さてさて、それでですね、まああれが肛門で間違いないんでしょうが、もし間違っていたら大変なわけで(大変でない?笑)、それを証明するために、確かに腸がつながっているのを確認することにしました。


こっから内臓満載なので、嫌な人はここでやめといてね。



開けてみました。

とってもコンパクトに内臓が収まっております。

赤茶色は肝臓。美味しいです。


ハサミの先が指し示しているのは肛門の位置です。

肝臓の後に、胃がありましたー。

どの動物でも、腸は腹の中でぐるぐるとコンパクトに折りたたまれて収納されております。

結合組織を慎重にチョキチョキ切りながら、ほぐしてみました。

結構長いよ。

●幽門垂[ゆうもんすい]
腸の始まる部分にある盲腸に似た消化器官で、硬骨魚だけに見られる。消化酵素を分泌し、食物の消化吸収を行なう。大きさや形が種(しゅ)によって一定なので、分類するときに使われる。コイ類やウナギにはない。 (YAHOOきっず図鑑より)

へー、幽門垂ですか。サケだと121〜246個あるんだそうです。へぇ〜〜〜!
サケ(レッドデータブックやまぐち)

んで、これが直腸。

とうとうここまでやって参りました。
感無量です(笑)。

あれは確実に肛門でございました。



ということで〜、無事にミッションを終えたので、煮付けにしましたー。

おざなりに包丁入れたのが丸分かりですな。
ちゃんと肝臓もばらばらになったけど、煮てますよ。
上の方に散らばってるのがそれです。

味はグッドでしたー。



左手が魚くさい・・・・・・。




さばき方とレシピはこちらを参考にしました。読むだけでも楽しいブログですよー。

魚料理と簡単レシピ(筋肉料理人)

Google
見たい生きものの名前や属名などを入力してGoogleに飛んだ後、
「イメージ」をクリックすると画像が参照できます。試しにこのまま飛んでみてください。


  TOPへ戻る