カタカタ ボックス


katak家のセミ事情 (2005年)  2005/7/31(土) 観察
katak家は広島県広島市の沿岸部にあります。
子供の頃、家の周りで見かけるのはアブラゼミばかりでクマゼミなんて見かけなかったと思います。居れば、あれは羽が透明で一見キレイなので、きっと網で捕まえていたと思います。
それがどうでしょう。今ではもうクマゼミの「シンシンシンシンシンシン・・・・・・」という声がうるさいうるさい。明らかにアブラゼミより数が多くなっているような気がします。まあ、クマゼミは声がでかいので、そのせいもあるとは思いますが。
ということで、実際、家の周りでは数の比はどうなってんの?というのを検証してみました。
方法は、庭を一通り見てセミの抜け殻を集め同定する、というものです。

まずセミの紹介 (写真をクリックすると大きい画像が見られます。)
アブラゼミ
鳴き声 i_aburazemi.wma (155KB)
クマゼミ
鳴き声 i_kumazemi.wma (111KB)

アブラゼミは警戒心が強く、近づくとすぐに飛んで行ってしまいます。クマゼミは鈍くて、手づかみできます。
庭ではモミジ、キンモクセイの大きい木の幹や枝に好んでとまっています。成虫はアブラゼミ2に対してクマゼミ5とか、とにかくクマゼミの方が多いです。

クマゼミの抜け殻です。
木の葉や草にぶら下がり気味にしっかりつかまっています。
家の庭には抜け殻が見つかるポイントが4箇所あるのですが、いずれも近くの地面に水気の多そうな植物が生えています。これの他、ハマユウに良く似た植物の近くでも、抜け殻がたくさん見つかります。
これはセミの幼虫がこうした植物の根から液を吸っているからではないかと思います。
職場の裏庭はこういう植物が無いんですが、代わりに直径20cmを越える大きい木がたくさんあって、抜け殻はそういった木の周りにたくさん見られました。
←吸引するための管が見えますよね。
(アブラゼミ)

それでは抜け殻を集めてみましょう。katak家の庭では2種類の抜け殻しか見つかりませんでした。

アブラゼミの抜け殻 クマゼミの抜け殻 サイズ
右:アブラゼミ 
左:クマゼミ  

アブラゼミの抜け殻はきれいですが、クマゼミの抜け殻は結構泥だらけです。
クマゼミの方が大きくて色が黒っぽいのですぐわかります。

さて、抜け殻を集めて同定してみました。
  • 大きさと色 (クマゼミの方が大きくて黒っぽい)
  • 泥が付いているかどうか (クマゼミの方は泥が付いている)
  • 触覚の違い (抜け殻を集める時に折れないように気をつけましょう!)
アブラゼミの抜け殻の触覚
節が7つあります。根元から1,2,3と数えます。
2番目の節が3番目より短いです。
毛が結構生えています。
クマゼミの抜け殻の触覚
節が8つあります。
(この画像ではわかりにくいですが、最後の7,8番目はすごく短いです)
毛がまばらです。
おもしろいことに、どちらの抜け殻も鼻先に毛があるのに気がつきました。どういう役割を果たしてるんでしょうね?

ということで、結果発表〜〜!
クマゼミ22個

アブラゼミ10個

各場所ではいずれもクマゼミが多かったんですが、特にどちらかしか見つからない場所というのはありませんでした。似たような環境を好むようです。ということは競合するのだろうか?
いずれクマゼミがアブラゼミを駆逐することはないのだろうか?
うーん、毎年、一回くらいはこういう観察をしてみたらいいかもしれませんね。覚えておこう。

近年、クマゼミの分布は広がっているようで、だんだん北進しているようです。今回の観察から、分布を広げるだけでなく、その数を増やしているのではないかと思われました。このことは、最近、広島市の市街地でも家の周りでもクマゼミの声や姿が多い、ということからもうかがえます。やっぱこれって気候がどんどん温暖化してる証拠じゃないかと思うんですけど、どうでしょうかねー。データが少ないし、バリバリの予断なんでなんともいえませんが。

参考サイト
○セミの抜け殻の検索表 自由研究特集ムシテックワールド
○セミの分布について 身近な生きもの調査環境省生物多様性センター
○セミ全般についての情報 セミの家 (Yahooででも検索して行ってください)
↑ 「リンクには事前に許可が必要である」というアナウンスをしているサイトさんなので、リンクは張りません。なぜなら、「Web上に情報を公開するということはリンクフリーになるのは当然」というのが私のスタンスなので、そういう方針のサイトさんに許可のお伺いをする行為をするつもりがないからです。ということで、ご了承を。
リンクについては「ウェブページのリンクおよびその他の利用について」を参考にどうぞ。これに関してはしょっちゅう物議をかもしてるので、検索すればこの他にもいろいろ見つかります。
Google
見たい生きものの名前や属名などを入力してGoogleに飛んだ後、
「イメージ」をクリックすると画像が参照できます。試しにこのまま飛んでみてください。


  TOPへ戻る