カタカタ ボックス

2006年6月の雑記へ 2006年 7月の雑記 2006年10月の雑記へ
■2006.7.19(水) 石垣島、西表島で見たものいろいろ
ま、ぼちぼちと脈絡も無く行きます。

写真をクリックすると大きくなります。たまにならないのがあります。


7/2の雑記に書いたクワズイモです。全体像がありました。

サトイモ科で根茎に多量のデンプンを含んでいる様ですが、同時に多量にシュウ酸カルシウムなどを含んでいるので、そのままで食べると地獄の苦しみを味わうというか、やばいんではないかと思います。

以前、同じくシュウ酸カルシウムを含むヒメザゼンソウの葉をかじった事がありますが、当分、口の中がビリビリ、チクチクとして不快でした。
(ツキノワグマが春先に結構食べているので、ちょっとかじってみたのです)




ヒメアマガエルのオタマジャクシです。(西表島)

2cmくらい
体が透けてておもしろいです。
親はアマガエルほど可愛くないです。
名前に「アマガエル」が付いてますが、ジムグリガエル科でずんぐりとしています。

親の写真があればいいんですが、持ってません。昔、西表島で散々追い掛け回したのに逃げられた過去があります。警戒心が強いは、ジャンプ力が尋常じゃないわで、全然、ダメでした、トホホ。




ミナミトビハゼです。(西表島)

9cmくらい。
ピョンピョンピョンと水辺を跳ね回り、水の無い所にも少しくらいなら行ってしまいます。
いつか両生類になっちゃいそうな雰囲気の超キュートなハゼです。すげー好き!(笑)




ホオグロヤモリです。(石垣島)

12cmくらい。
石垣市内を夜中にうろついてたら(オオコウモリを探してた)壁に居ました。くわえているのはゴッキーです。
さすが南の島はゴキブリ天国でした。

夜中、時々昼間でも「キュッキュッキュッキュッキュッキュ」と高めのテンポの速い鳴き声が聞こえたら、このヤモリの鳴き声です。




イシガキトカゲです。(石垣島)

頭胴長が6cmくらいの小さな個体でした。
尾の青色がとてもキレイでした。






スイギュウです。(石垣島)

石垣市内をうろついてたら、住宅地内の空き地でスイギュウを見ました。
かなりお爺さんで、昔は農作業、今は楽隠居と言った風情でした。



廃墟と言うか、なんと言うか・・・。たぶん家の残骸が埋まっているのではないかと思うのですが、全然、見えませんでした。なるほど、放っておくとすぐにジャングルになっちゃうので、ヤギやらスイギュウやらが繋いであるのだなと、勝手に納得してしまいました。

南はやはりすごい!




ドラゴンフルーツです。(石垣島)

サボテンの仲間なのは知ってましたが、こういう風に実るんですね。



他にもまだちっとあるんですが、まあ、またいずれということで。


■2006.7.2(日) 日本一でかいゴキブリ

らしいですよ。

ヤエヤママダラゴキブリRhabdoblatta yaeyamana : 全長5cm弱。

石垣島と西表島に生息するらしいです。私が見たのは石垣島。とある山の麓付近の川沿いの山際の林床に生えてたクワズイモの葉の付け根に複数、居ました。多分、涼しくて湿気がある程度ある所が好きなのでしょう。他でもクワズイモを探したのですが、見つけたのはここだけでした。山際と川筋というのがポイントではないかと勝手に思ってます。クワズイモってのは一見、サトイモとほとんど一緒の植物で林縁によく生えてます。

聞くところに寄るとこのゴキブリ、天ぷらにするとうまいそうです。別に下水とかに住んでるわけじゃないので、それはそれでアリなのでしょう。私は食べないけど。葉の付け根に挟まってるのを棒でつついて追い出したのですが、よく考えたら同じ場所にカエルが居たら手づかみなわけで、素手を避けるのはゴキブリにちょっと失礼だったかなと反省しました。次からは手づかみで行きます(笑)。

クリックすると大きくなります。

2006年6月の雑記へ 2006年 7月の雑記 2006年10月の雑記へ



雑記インデックスへ  TOPへ戻る