カタカタ ボックス

2007年5月の雑記へ 2007年 6月の雑記 2007年7月の雑記へ
■2007.6.12(火) 適当なこと言うな!



むかしむかーし、瀬戸内だったかどこだったかの漁師が、漁をしていて気持ちの悪い模様のカニが獲れたら捨ててたら、甲羅の模様の気持ち悪いカニばっかり増えちゃって、人為的選択が成立してヘイケガニになったのだ、みたいな話がありました。カール・セーガンが著書「コスモス」で書いてたというのが有名ですが、ただの嘘っぱちです。適当なこと言うな!

同じく、なんかある島に海でイモを洗うサル達がいたんだけど、その内、なぜか他の土地のサルも、教えてもらったわけでもないのにイモを洗い始めて、「百匹目のサル」がどうのこうの・・・、という話がありました。あれも・・・、適当なこと言うな!


説得力がある? いや、無いと思いますけどねー。
「たまたまそうなった」、「なるようになった」でいいじゃん!


ヘイケガニ 甲羅の模様の人為選択説 (Wikipedia)


百匹目の猿現象 (Wikipedia)


僕のおしゃべり Vol.19 百匹目のサル (つなぶちようじ)

2007年5月の雑記へ 2007年 6月の雑記 2007年7月の雑記へ



雑記インデックスへ  TOPへ戻る