カタカタ ボックス

2007年7月の雑記へ 2007年 9月の雑記 2007年10月の雑記へ
■2007.9.25(火) 紙魚の飼育はじめました(笑)

大変にお久しぶりでございます。ちゃんと生存しております。なんで更新してなかったかと言うと、ちょいと引越しをやりまして、そのせいでバタバタしてたんで、こっちに手と気力が回りませんでした。
何しろすげー蔵書量なもんで、どうにもこうにもすごいことになってます(現在進行形:笑)。

んで、今回、ものすげー久しぶりに大量の本を動かすことになったのですが、そのせいで新たな生きものに手を出すことになってしまいました。その名もヤマトシミ・・・。





和名:ヤマトシミ
学名:Ctenolepisma villosa
分類:節足動物門>昆虫綱>無翅昆虫亜綱>シミ目>シミ科 だそうです。
   理科教材データベース(岐阜大学教育学部理科教育講座)参照


ヒメフナムシ(甲殻類)みたいなもんかと思ったら、昆虫だったんですねー。シミ目。なるほど、足が3対ですわ。


本体、だいたい1cmちょっとくらい。他にも大小とりまぜて複数見かけたので、実数はすげーことになるのではないかと戦々恐々です。くそー、私の大事な本を食いやがってー。時々、小口が汚れてたのはこいつらのせいだったわけだ。いやね、本を大事に管理したいのは山々だったんですけどね、もう山があちこちにできちゃって、掃除しようにも手の出しようがなかったんですよ。今回、いい機会なんで、こいつらの間引きをやりたいんで、本を収納していたダンボール箱を新調中です。


んでまあ、せっかくなんでいろいろ激写しまくりました。


では、シミ写真館(笑)。結構、かわいいっすよ。




顔のアップ。ね、可愛いでしょ! 目は複眼なんで、木イチゴみたいにボコボコしてます。この写真ではよくわかりませんが。




最後の第10節が短いのがヤマトシミ。第9節の2倍くらいに長いのが外来種のセイヨウシミだそうです。とりあえずヤマトシミね。




背中には鱗粉があります。うろこ状に見えるんですが、これが英名のSilver Fishの由来ですかね。




そして、これが一部に大不評だった裏側です。ほーら、昆虫でしょ。見たくなかった? せっかくなんで、よく見ていってくださいよー(笑)。


んでまあ、せっかくなんで当分、飼育してみることにしました。餌は、とりあえずメダカの餌やったら、よく食ってます。脱皮してくれないかなー。



まあ、こんな感じでインドアでも細々と楽しんでます(泣)。
ほんとは夏前に仕込みやってたネタがあって、後は書くだけなんすけどね。
それはまた近いうちにー。


シミについてはこちらの解説がわかりやすかったです。他の衛生害虫の情報もすごいなー。いやー、参考になるわ。こないだやっつけたゴキブリはクロゴキブリだったな、これは(笑)。

シミ類について(名古屋市 暮らしの情報)

2007年7月の雑記へ 2007年 9月の雑記 2007年10月の雑記へ



雑記インデックスへ  TOPへ戻る